カテゴリ:ドッグショー( 30 )

第11戦 中部インター その2

過去の話ですが、ゆきのを むかえに行った時のこと。
うちの都合で 他の兄弟よりも 少し遅くなったため
迎えに行った時に会ったのは グリ子母さんと ゆきのと 姉妹が1頭でした。


そんなわけで、 エルザちゃんと私達とは 初対面。
ゆきのは グリ子母さん&エルザちゃんとは 約1年2ヶ月振りの再会。

「あなたは だぁれ? 私に よく似てるわぁ」 な ふたり。
c0030701_16585951.jpg

左が ゆきの、 右が エルザちゃん。 よく似てるんだけど、
エルザちゃんは お耳とシッポが 茶色っぽくて、 ゆきのは 白っぽい。

そして、 念願の お母さんとの ツーショット。
c0030701_175760.jpg

隣にいるのが お母さんと分かったのかどうかは 不明ですが
大人な女性のサルーキさんの側で ご機嫌なゆきのんのんです。

そして、 こちらも 念願の スリーショット。
c0030701_1765738.jpg

左から グリ子母さん、 ゆきの、 エルザちゃん。

もうひとつ、 ちょっと笑えるスリーショット。
c0030701_1775442.jpg

みんなの目線は それぞれの家族に!


来月は 関東に住んでるきょうだいに会えるかな???
[PR]
by pleasure_with_wan | 2006-03-08 06:38 | ドッグショー

第11戦 中部インター その1

3月5日 (日)、 「名古屋市ポートメッセなごや1号館」で開催された
FCIインターナショナルドッグショーに ゆきのを 出陳しました。

今回は ショー出陳の他、 ゆきのの産みの母である グリ子母さんと
同胎の姉妹のエルザちゃんに会うことも 目的でした。
その様子は、 また 明日。


とにかく、 遠くまで行くので 前日の夜に出発し、 途中で仮眠をとって
現地入りすることになりました。 そんなわけで、 ワンコ達もみんな
車に乗って おでかけです。

道中 いろいろあったし、 目的地付近では カーナビにだまされて
同じところを 何周かしたものの、 無事 到着。


なんだかんだと うろうろしていたら、 出番の時間になりました。

今回も ゆきのに見つからないような位置で 見学するはずが
なぜか、 リングに入ってきたゆきのさんったら 私達の目の前に!
c0030701_17102265.jpg

この写真の時は まだ 私たちに気付いてません。

ダンナの話によると、 この後 ゆきのは 私たちに気付き
チラチラ見ていたそうです。 チラ見程度の挙動不審で ひと安心しました。

ハンドラーさんと ラウンド。
c0030701_17143959.jpg

私の時にも こんなふうに走ってくれたら いいんだけどなぁ ・・・。


ゆきのはがんばりましたが クラス2席でした。 そして、1席は エルザちゃん!
エルザちゃん、 おめでとう~。

ゆきのんのん、 次のショーに向かって また練習つきあってね~。
[PR]
by pleasure_with_wan | 2006-03-07 06:47 | ドッグショー

第10戦 東京インター  イタタな話&再会

< イタタな話 >
昨日・一昨日のブログの 「ワケあり」、 実は イタタな話で
ヘボハンドラーである私の体調不良が 原因なのです。

以前より痛かった腰が 10月より悪化し、 整形外科に行きました。
「薬で痛みと炎症を抑え、マッサージを受けること。
 寝る時以外は コルセットを常用し、 長時間の同じ体勢は禁物」という
治療方針で通院しています。
これだけだったら、 気をつけながら ハンドリングも 服従の練習も、
簡単なディスクの練習もできるのです。

ところが・・・。 忘れはしない、 12/9の夜。
浮かれた暴れ馬に飛びつかれ、 腰に力が入らないために ふらつき、
私の横の 「ちびサークル」にぶつかる!と思ったために 左足を
ドン!と 踏み込みました。 その瞬間、 左の膝から ゴキッ!と 嫌な音がして
あまりの痛みで 動けなくなり、 しばらくの後、 動かせるようにはなったものの、
膝の違和感と痛みが続き、 1週間が過ぎても 治らないので
マッサージのついでに 診察してもらいました。
(診察まで 1週間あったのは、 「膝が痛いのはよくあること」なので
 様子をみていたのです)
歩いたり 普通に曲げることはできるのですが、走ったり 捻る(傾ける)と
激痛が走り、 力が抜けてしまいます。腰に続いて 膝も いや~んな診断が
下されてしまい、 年明けに検査することに なってしまいました。

そして、 夏に寝込んだヤツがぶり返したので 再び内科にも通うことに ・・・。

通院で 平日の夕方がつぶれてしまい、 リビングから庭での放牧が長くなり
散歩が短くなってしまいました。
(内科ネタは 「なんでこんなことに!」というネタが さらにあるのですが、
 まだ 検査の結果を聞いてないので また後日。 これは 痛くないネタです。)


< 再会 >
出番の前後。 数人の人から、 「ゆきのに似た男の子を見た」と 言われ
詳しく聞くと ソレア君ということが分かりました。
お立ち台写真を撮るのに時間がかかってしまい、 「会えなかったねぇ」
「車に戻って ごはん食べよう」 なんて話しつつ 我が家も撤収を始めました。

荷物をまとめ、 フィーネ&ゆきのにコートを着せ、 歩き出したのですが ・・・。
ソレア君、 発見!
c0030701_18212893.jpg

相変わらず、 オーナーさん達はおしゃれだし、 ソレア君はカッコよかった!
立ち話をしつつ、 再会の記念写真を撮りました。

「さすが 兄弟、 気が合うね」
c0030701_18275469.jpg


「これもある意味 気が合ってるね」
c0030701_1828589.jpg


「ゆきのさん、 それはちょっと・・・」
c0030701_1830079.jpg


うちもそうですが、 ソレア家も 「兄弟の誰かに会えると思ったのに 誰もいない」 と
残念に思っていたとのこと。 わずかな時間でしたが、 会えて良かった~。


こんなふうにして、 「東京インター」ネタは 終了です。
[PR]
by pleasure_with_wan | 2005-12-21 19:44 | ドッグショー

第10戦 東京インター  朝からYA審査まで 編

昨日のブログの 「ワケあり (ワケについては また明日)」に ついて。
これは、 ヘボハンドラーである私の体調不良が 原因なのです。
このネタは、 さらに 明日へ持ち越しということで。


早朝というか 深夜の時間に 眠い目をこすりつつ 出発です。
今回の おでかけメンバーは、
  ゆきの@主役
  フィーネ@応援団長
  ダンナ@おつきの人1号
  私@おつきの人2号
で、  頼れる兄貴なたくやと やんちゃなちびsは 留守番です。


現地に着き、 ひと通りの支度が済んでから ハンドラーさんに
お会いしました。 ゆきのと 試し走りをし、 引き受けてくれることが
確実になってから 私は ドキドキです。
「ずっと、 私以外の人が 引いているゆきのを 見たくて、 しかも、
 ハンドラーさんが 引いてくれるのだから しっかり 見なくっちゃ」。


時間になって ゆきのはハンドラーさんと リングに向かって行きました。
私たちは 「ゆきのに見つからないように」 こそこそと 動いていました。
そんなわけで 今回のショーの写真は、 ゆきのに見つからないように
人陰に隠れながら撮りました。

YAの審査中の ハンドラーさんと ゆきの。

アップダウン。 ハンドラーさんに引いてもらうのは 初めてのことなので
「ゆきのが 拒否したらどうしよう」 と ドキドキでした。
c0030701_17202373.jpg


ラウンド。 途中で滑ったり、 イヤイヤをしたので さらにドキドキしましたが
ハンドラーさんのおかげで 気を取り直して 最後まで走ることができました。
c0030701_172052100.jpg



ステイ。 いつもの ぽわわ~んゆきのとは違って、 真面目そうな顔が 新鮮でした。

気が付いたら ジャッジが歩き出し、 ゆきのの方に 向かって歩いて行くのです。
「えっ??」と 思っているうちに ゆきのが選ばれ、 「もしかして??」と
思っているうちに アダルトクラスの審査が始まってしまいました。

さらに、 ダンナと 「ゆきの、 YAで1番ってことだよね??」と
ボソボソ話している間に Aの審査も終了し、 リングを見ると
Jの代表&Aの代表と一緒に ゆきのがいたのです
(詳細は 昨日のブログにて)。


とにかく、 ゆきのの出番の間は 「え?」 「あれ???」 の連続で
喜びや感動する余裕は ほとんどありませんでした。
出番終了後に ゆきのというよりは ハンドラーさんに感動し、
お立ち台写真を撮った後に 腰と膝の痛みと共に じわじわと
ゆきのに対して 感動したのでした。


会場にて、 お会いしたり お話したり ・・・の 方々、 ありがとうございます。
今回は いつにも増して バタバタしてて 「あとでね~」と言うことが数回。
結局、 全然 「あとでね~」 ではなくて ごめんなさい。

見たかった イタグレもウルフハウンドも 全く見れなかったのが 残念だけど
今までやってきたことの結果が出たから 良かったかな。

「東京インター」ネタは 明日も 続きます。
[PR]
by pleasure_with_wan | 2005-12-20 06:44 | ドッグショー

第10戦 東京インター  ドキドキ 編

昨日 (12/18(日))、 「FCIインターナショナルドッグショー」に 出陳しました。
ゆきのは 今回から ヤングアダルト クラスでの出陳です。

今回は ワケあり (ワケについては また明日)のため
ハンドラーさんに ゆきのを引いていただきました。

今回の 女の子のYAは 4頭エントリーがあり、 実際は 3頭での審査でした。
現場でがんばっているゆきのも緊張したでしょうが、
そんなゆきのを見ている私も 緊張して ドキドキしてました。

人陰に隠れつつ 自分の目で見たり、 写真を撮ったりしているうちに
YAの審査は終了し、 ゆきのが 選ばれたようでした。

「えっ??」と思っているうちに 次のクラスの開始&終了があり ・・・。
気付いたら、 Jの代表、 ゆきの (YAの代表)、 Aの代表 が
整列し、 審査が始まっているのです。
「写真 撮ろう!」と あたふたしているうちに、 またまた審査は終了。
結局、 ちゃんと見れる写真は これぐらい ・・・。
c0030701_15465738.jpg

(3頭が整列している時のもの。 ゆきのの 左にJの代表、 右にAの代表がいます)

「誰が ウィナーズ??」と ドキドキしていたら、
なんと ジャッジは ハンドラーさん&ゆきのの前へ。
おかげさまで MCCを いただきました。

「もしかして、 ゆきのが ウィナーズ? ホントに??」と
ドキドキしているうちに チャンピオンクラスのお嬢さん達の審査が進み、
ホントにウィナーズな ハンドラーさんとゆきのも ラウンドして、
最後尾に並びました。
(並んだものの、 素敵でピカピカで 「ショーに出てる」自覚のある
 お嬢さん達に比べて、 お子様で自覚なしの ゆきのには
 ジャッジの視線は 来ませんでしたが・・・。)


(他犬種も含んだ)午前の審査終了後。
いろんな事情が重なってしまい、
c0030701_160151.jpg

この日 働いてない ヘボハンドラーな私が ジャッジ&ゆきのと一緒に
写っています。

ハンドラーさんには 急なお願いにも関わらず 快く引き受けて下さった上、
素晴らしいゆきのを見せてもらえたことに 深く感謝しています。

とりあえず、 ドキドキ編は この辺で。
「東京インター」ネタは 明日も 続きます。
[PR]
by pleasure_with_wan | 2005-12-19 06:49 | ドッグショー

第9戦 暑かったね!

9/3 (土)、 ジュニアクラスになって2戦目、 「全犬種クラブ展」に 出陳しました。

この日は 夜もワンコ連れで 出かける予定があったため
ゆきのだけを連れて Pランドに向けて出発です。

今回は タープを張りました。 前回、 一人で&初めて組み立てたので
30分近くかかりましたが、 今回は2人だったので 3分ほどで完了です。
c0030701_15523887.jpg

「箱に、 「3分で組立できる」って書いてあるけど、 ホントにできた!」


目録では 10Gの審査開始は 10時半頃だったのに、 ショーが30分遅れで
スタートしたために 実際のゆきのの出番は 11時を過ぎていました。


待ちくたびれたし、 暑いし・・・ で、 「なんとかしてよ~」な ゆきの。
c0030701_1623172.jpg


触審も 慣れてきました。
c0030701_1685614.jpg


ラウンドしているところ。
c0030701_1611196.jpg


暑かったけど ゆきのは がんばってくれました。
結果は 「また がんばりましょう!」 でした・・・。

ゆきのさん、 次回にむけて 練習のおつきあいを よろしくね。

そして、 ショーの後は お楽しみタイム!
[PR]
by pleasure_with_wan | 2005-09-06 06:49 | ドッグショー

第8戦 いろいろありました・・・

6/26 (日)、 「FCIインターナショナルドッグショー」に 出陳しました。

開催場所は 「長野市エムウェーブ」という所で 「ちょっと遠いかな~」と
思ったのですが、 「インドア」という言葉が魅力的で 申込をしました。
(天気の心配が 「ある」と「ない」では 大違いですからね~)

お友達が炎天下 (39℃だったらしい)で 「レトリーブ」という競技で
頑張っているころ、 私たちは 長袖を着てると暑いけど、 イタグレには
ちょっと涼しいかな~くらいの気温の屋内で 出陳前の支度をしてました。
涼しいし、 屋根があるから 日差しにジリジリと 焼かれることもなく、 快適~。

今回も また 事件が・・・。

エムウェーブに向かって移動中、 左の後ろのタイヤ&ホイールをこすってしまい
こすってからは ホンの少し、 イヤ~な感じがするまま、 現地入りしました。
ゆきのの出番の後、 急いで買い物をし、 お昼には会場を後にしたのですが、
いろいろあって、 うちに着いたのは22時頃。 旅先から戻ってきたばかりで お疲れの
みーたんパパ&ママを ずいぶんとお待たせしてしまいました。


話は戻って・・・。
生後9ヶ月を過ぎ、 今回から ジュニアクラスでの出陳となりました。
今までは 対戦相手がいないことがほとんどだったので、 相手のおサルちゃんと
遊びたいからと 暴れ馬にならないことを願っていたのですが、 思ったよりも
クールなゆきのさんでした。

最近のショーでは、 「暑い」ために ダレダレモードで やる気なしのゆきのでしたが、
今回は 結構ご機嫌に走ってくれました。

c0030701_13382283.jpg

c0030701_13385388.jpg

c0030701_1339470.jpg

相変わらず、 カメラ目線な お嬢さんです。

2頭の出陳で 2席だったので 赤いリボンをいただきました。

出番の後、 リボンと共に、 写真を何枚か ダンナに撮ってもらったのですが、
ヘンなステイのゆきのの写真はキレイに撮れてるのに、
キレイにステイしてるゆきのの写真はボケてる・・・。
「ブログにUPする写真だから、 上手に撮ってね」 と 頼んだところ
自信ありげに 「撮れた」 と 言ったのに・・・。

赤いリボン&ゆきのの写真で ブログにUPできそうなものは ありませんでした・・・。

これでしばらく ショーはお休みです。 次は 秋になったらです。


おまけの写真: 暑いのにくっついて眠る フィーネとゆきの。
c0030701_14374928.jpg

[PR]
by pleasure_with_wan | 2005-06-30 06:15 | ドッグショー

第7戦 その3 番外編

ブログって、 「情報の鮮度で勝負!」なのがホントなんでしょうが、
うちのブログは、
  「その日にあったできごとを、 なかなか その日にUPしないブログ」
なので、 1週間前のネタは 今日まで 続きます ・・・。




ショー会場からの 帰り道。


後部座席を振り返ってみたら、 ぐーぐー眠る娘の姿が・・・。
c0030701_14511982.jpg



シャッターの音で目を覚ましてしまいました。
c0030701_14514717.jpg



助手席側の後部座席で眠っていた ゆきのが だんだんと伸びてきて・・・
c0030701_14524542.jpg



どんどん 伸びてきて・・・
c0030701_14532133.jpg



いつの間にか 場所が変わっていました。
c0030701_14534549.jpg




帰宅後。 雨が降らなさそうなので、 フルメンバーそろって 車に乗り込み、
久しぶりの放牧のため、 ドッグランへ。


何を狙っているか分からないけど、 緊張気味の たくや君。
c0030701_14552244.jpg



おなかの下に、 妙なものが生えている ゆきのさん。
c0030701_14555741.jpg

(ゆきのの向こう側にいる、 フィーネの足が見えてます)


珍しく、 ドッグランでよりそう フィーネ&ゆきの。
c0030701_1457441.jpg



ドッグショーに出て、 一番困るのは その日の晩ごはん。
暑くなってきたので、 ワンコだけを車に残して買い物できないし、
かと言って、 改めて 買い物に出るのも 面倒だし。

この日は、 レタスと玉ねぎのサラダと たまたま炊いてあったごはんに
「すし○郎」を混ぜた ちらし寿司を 食べたんだった・・・。

ゆきのかフィーネが勝てば、 「お祝い」と称して 外食できるかも。
ってことで、 次回 がんばろう・・・。
[PR]
by pleasure_with_wan | 2005-06-13 06:16 | ドッグショー

第7戦 その2 フィーネ編

今まで、 フィーネをショーに出すことは考えていなかったのですが、
「近くでショーがあるから、 2歳になった記念に出てみよう!」と
出陳してみました。

今回の イタグレの女の子の出陳はは、 J・YA・Aのクラスで 各1頭でした。
(2歳になったフィーネは、 A(アダルト)のクラスで出陳です)

冬にヒートがきて以来、 むっちりフィーネさんだったので
時間をかけて すっきりフィーネさんに 戻ってもらったのですが ・・・。

c0030701_14275395.jpg

ショーに出るには ちょっと やせすぎかも ・・・。


フィーネは 一応 「脚側行進 (いわゆる 「アトヘ」とか 「ツイテ」)」ができるので
「アップダウン」「トライアングル」「ラウンド」は 簡単に覚えてくれました。

ところが、 「ステイ」に 問題が・・・。

脚側行進中、 私が止まると 私の左側に座って待つクセがあるので
「アップダウン」をしてても 止まると 座ってしまうのです。

この1ヶ月、 「アップダウン」から 座らずに 「ステイ」に 移行できるよう
いろいろ試した結果、 なんとか形になりました。
食いしん坊は 覚えるのが早くて 助かります。


c0030701_14385778.jpg

触審前のステイ。
フィーネは 知らない人・初めて会った人に触審される経験がないので
「嫌がるだろうな~」と 思っていたのですが、 優しいジャッジの方だったので
暴れることなくクリアできました。

c0030701_1444775.jpg

3クラスのイタグレが 横一列に並んで 審査を受けているところです。

結果は 負けてしまったのですが、 おもしろい経験でした。
暑さには強いフィーネなので ゆきのと違ってダレダレすることもないし、
なによりも、 走らなくていいのが とっても魅力です。

もう少し太って、 ダンナが休みで近くのショーがあったら また出してみようかな~。
イタグレとサルーキの間に ひと犬種でも はさまっててくれたら
バタバタしなくてすむんだけどな~。
[PR]
by pleasure_with_wan | 2005-06-10 06:08 | ドッグショー

第7戦 その1 ゆきの編

6/5 (日)、 「全犬種クラブ展」に 出陳しました。
場所は、 昨日と同じ 「平塚市平塚配水池グラウンド」 です。

今回の参加メンバーは、 フィーネ&ゆきの&ダンナ&私で、
無謀なことに、 今回はフィーネも 出陳しちゃいました。
(フィーネ編は また 明日。)

出番の順番は、 大体、 イタグレ → サルーキと 続くので
フィーネの出番のちょっと前に みんなで移動です。



今回は、 サルーキのパピーの出陳は 2頭でした。
初めてだった (3月のボルゾイちゃんは、除いて)ので うれしかったし
困りました。

「複数、 出陳ある時って、どうしたらいいんだろう???」
今まで、 待ち時間はないし、 自分の番が終われば
次のクラスが始まるので ひとりじゃない場合に どうしたらいいか、
わからなかったのです。

以前から、 他の人たちの出陳風景を見てはいますが、
「見る」 と 「出る」では 大違いでした。

結果は 負けてしまいましたが、 次なる課題が見えてきたので
改善すべく 練習しないと・・・。 ゆきのにも つきあってもらわないとね~。

ゆきのは 今回で パピークラスでの出陳は 最後で、
次からは 「大人なサルーキ」に混じって、 ジュニアクラスになります。
また、 新たな世界が待っているかと思うと ドキドキです。

c0030701_1424874.jpg

暑くて 動くのイヤイヤモードになりつつある ゆきのさんです。
[PR]
by pleasure_with_wan | 2005-06-09 06:05 | ドッグショー