カテゴリ:過去の話( 6 )

たくやって ・・・

最近、出番の少ないたくや君。

近所の公園で撮ったと思うのですが、わざわざ、デジカメを取りにうちに戻った覚えが
あります。ただでさえ、立っているのか座っているのか分かりにくいのに、足が・・・。
c0030701_21165083.jpg

秋の公園は、落ち葉の海を、じゃかじゃかと泳ぐように歩きます。



3年ほど前の写真ですが、初めて洋服を着せられた時の写真。
清里にお泊りに行くのに、抜け毛対策のために着せました。
早く脱ぎたいし、おやつを欲しいから、こんな表情になりました。
c0030701_2117482.jpg


同じく、3年ほど前の写真。肩と脇腹をマジックテープで留めるカッパです。
c0030701_21171626.jpg

ビニールっぽい感触と音が気になるせいか、ふてくされて転がってしまいました。

たくやは雨でも雪でも散歩に行かなくてはならないのです (おトイレの都合で)。
清里に行く前に、たまたま雨が降ったので、カッパを着せてうちの近所を歩いたのですが
本人は恥ずかしいらしく、歩くのをイヤがり、すぐにうちに入ってしまいました。

何日か後。清里は雨で、カッパの出番となりましたが・・・。

たくやは恥ずかしがって、私の影でコソコソと歩いていて、「どうしよう~」と思っていたら、
見知らぬお姉さん達のグループとすれ違い、「かわいいね~」とほめて、たくさんなでて
くれました。

当時、カッパを着ているワンコはまだ珍しかったのか、会う人、すれちがう人がみんな
ほめて、なでてくれました。


それから、たくや君は、胸を張ってスタスタと雨の清里を歩き出したのですが・・・。
なんて、単純なヤツなんだろう・・・。

「ボク、かわいいでしょ?? なんかちょうだ~い」
c0030701_2118791.jpg

[PR]
by pleasure_with_wan | 2005-02-25 22:41 | 過去の話

たくやがきた日  その5

うちにきてから1ヶ月半が過ぎた頃・・・。

たくやが発熱し、食べても吐いてしまい、獣医さんに連れて行ったことがありました。
結局、「腸閉塞」だったのですが、何が原因でそうなったのかはわかりませんでした。

注射されたり、お腹切られたり、縫ったり、抜糸されたりで獣医さん嫌いになっても
おかしくないと思うのですが、彼はいつもの獣医さんのことが大好きです。
入院していたのがあまりにも幼い時だったので、覚えているのは、
「(手術の後の)やさしい言葉をかけてくれて、撫でてくれて、おいしいものをくれる」って
ことだけみたいです。

おかげで今でも、「しぇんしぇ~、行くよ」と言うと、いつもの散歩コースでは
まっすぐ行く角を自分から曲がり、小走りで行こうとします。らくちんでいいのですが、
散歩途中に病院の前を通り過ぎようとすると、「ボクは行く!」と、門をくぐろうとするのが
困りものです。

立ち止まらずに「今日は元気だから、寄らないよ!」と言っている姿を、すれ違う人に
笑われることもしばしばです。


生後3~4ヶ月の社会性を学ばなければならないときに入院していたので、
ワンコが苦手なワンコに成長してしまいました。
3歳頃、初めてワンコ友達ができ、それからは
   おとなしい女の子のみOK 
        ↓
   おとなしい小型犬なら性別問わずにOK
        ↓
   おとなしい中型犬までなら、だいたいOK
に進歩しました。

今でも苦手なのは、大型の黒いオスのワンコ、年齢・性別問わずにシェパードです。


今日の写真は、たくやの初めてのお友達のミニチュアダックスのさくらちゃん。
たくやに「さくらちゃんちに行くよ~」と言うと、さくらちゃんが住んでいるマンションまで
猛ダッシュして行きます。さくらちゃんもたくやのことを気に入ってくれて、たくやに
気がつくと「キュンキュンキュ~ン」と鳴いて自分の居場所を教えてくれます。
おばあちゃんお手製コートでお散歩です。
c0030701_19415765.jpg

[PR]
by pleasure_with_wan | 2005-01-25 07:18 | 過去の話

たくやがきた日  その4

3時間待たされたのは、うちの前に「引渡し前のお風呂」に入れる子犬が5頭いたためです。

お昼ごはんを食べながら、私の希望で「日本の男性の名前で、ひらがな3文字」を前提に
話し合いをしたところ、母が「キムタクってかっこいいよね」と言い出したので「たくや」に
なりました。

お風呂に入れてもらった後、お店の人から簡単な説明を受けて、たくさんの荷物と共に
車に乗り込みました。アニーが亡くなって、四十九日までまだ何日かあったので、うちには
仔犬グッズなんてないし、部屋のどこにたくや君スペースを作るかなんて考えていなかった
ので帰ってからは大騒ぎでした。

説明の中で、「(たくやが入っている)ダンボール箱は、車中では絶対に開けないで」と
言われたのに、後部座席にいた父は開けてしまいました。子犬って、箱から出てしまうと
もう、戻ってくれません。それから30分、うちに着くまでずっと抱っこしていました。


今日の写真は、2004年10月18日撮影のものです。
2001年の写真と、あんまりかわっていないような・・・。若作りのたくやです。
c0030701_12145073.jpg

[PR]
by pleasure_with_wan | 2005-01-22 09:38 | 過去の話

たくやがきた日  その3

とうとう、私の母親は、こげ茶の泥棒ひげの仔犬を抱っこしたまま離さず、

  母:「この仔犬がいいんでしょ?」
  私:「この仔犬じゃなくて、この種類の女の子が欲しいの」
  母:「この仔犬がいいんでしょ?」
  私:「そうじゃなくて・・・」

の押し問答になってしまいました。

父と相談の結果、「この仔犬が健康で、ペットロスが解消されるんならいいんじゃない?」
ということになり、その仔犬を借りて、父と一緒に目のにごり・歯・骨格・おしりをチェックし
「(どんな両親かわからないから)もし、遺伝性の病気が出てしまったら、それはその時。
 とりあえず、大丈夫そう」ということで、消去法で残った男の子に決定しました。

すぐに連れて帰れると思ったら、「お風呂に入れてから引渡しします」と言われて3時間
待ちました。「仔犬を自宅でお風呂に入れると、寒かったり、乾かしきれなかったりで
風邪をひく恐れがあるので・・・・」ってことでした。

さらに、明日に続きます。
今日の写真は、2004年1月17日撮影です。
「生まれて初めてグリニーズを食べるたくや」です。
c0030701_113416100.jpg

[PR]
by pleasure_with_wan | 2005-01-21 19:14 | 過去の話

たくやがきた日  その2

昨日の続きです。

「今度は、この種類のワンコが欲しいのよ~」と両親に説明したのですが、母親の頭の中では、
「この種類」 → 「この仔犬」  に変換されてしまったようで、さらに、お店の人が
「抱っこしてみますか~?」なんて言って、抱っこさせてくれました。

お店の人は、母親をターゲットに決めたようで、
 「お店の中で一番の甘えん坊で食いしん坊なんですよ~」  とか、
 「お父さんはチャンピオンなんですよ~」  とか
一生懸命説明を始めたので、私はドキドキでした。

だって、私は「女の子のコーギー」が欲しかったんです。
この日は、「母親のペットロス解消」と「下見」が目的だったのに・・・。
さらに、こげ茶の泥棒ひげはとってもイヤだったのに・・・。
(当時、成長と共に毛色が変化することを知らなかったのです。)


続きは、またまた明日。

今日の写真は、2002年10月4日撮影。
たぶん、「前日にお風呂に入ったピカピカたくや」だと思います。
c0030701_11115919.jpg

[PR]
by pleasure_with_wan | 2005-01-20 07:00 | 過去の話

たくやがきた日  その1

たくやが家族になったのは、1997年9月下旬だったか、10月上旬のことでした。

たくやの前にうちにいたウェスティのアニーが13歳で1997年9月8日になくなり、
母親がひどく悲しみペットロスになってしまいました。仔犬がくれば悲しみが紛れるかと
思い、両親と私の3人でオープンしたてのホームセンターに行きました。

その時、お店にコーギーは3頭いて、1頭はトライカラー(茶色・黒・白の3色混じり)、
2頭がくすんだこげ茶色で、そのうちの1頭は口の周りがものすごい泥棒ひげでした。

私は、現在のたくやのような色の女の子が欲しかったのです。
トライカラーの仔犬は女の子だけど除外、こげ茶色の気に入った方は売約済だった
ので、私の中で、消去法で残った「泥棒ひげのこげ茶色の男の子」を指差しました。

続きはまた明日・・・。


今日の写真は、2001年11月29日撮影のものです。
c0030701_10571571.jpg

何枚も写真を撮ったので、飽きてしまい、「まだ~?」と言いたげです。
[PR]
by pleasure_with_wan | 2005-01-19 07:37 | 過去の話